今後オウンドメディアは企業にとっては更に重要になると考えられます。

その理由として自社でメディアを持たなければ情報交換をすることが出来ないという事になるからです。今のオウンドメディアは単なる情報発信手段としてだけではなく情報獲得手段として活用するのも当然という事になっています。何故なら、そうすることでより情報が多く扱う事が出来るようになり、しかも正確性や迅速性も増すという事になるからです。

情報発信しか出来ないテレビや新聞という昔のメディアがこれから通用しなくなるのは、この情報の双方向でのやり取りが出来ないという事も主たる要因です。何しろ一方向しか情報がいかないわけですから、これでは情報が正しくやり取りさせる環境にはなりません。

新聞やテレビが視聴者の声を全く聞かないのもこのためだといって良いでしょう。企業がオウンドメディアを活用することになると、利用者の声をダイレクトに受け入れることが出来るようになります。

これは画期的なサービスだといって良いでしょう。企業内のメディアでこうした情報交換が活発に行われるようになれば、これが企業活動を活性化させるという事は勿論ですが、消費者の活動を活発化させるという事にもつながるのは当然でしょう。

つまり、これからの企業はこうしたオウンドメディアの活用を上手くするという事が求められるようになるわけで、これまでのオールドメディアというようなものは一切不要という事になると考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *