これからの企業の成長のカギとなると考えられているのがオウンドメディアの活用です。

これからは企業は独自に自身のオウンドメディアを持つ事になると考えられます。これまではメディアを利用して自社の商品やサービスを宣伝したりするのが企業の考え方でしたが、ネットという巨大な何でも出来るツールを獲得した事によって、これまでのオールドメディアを利用することは無意味になったと考えて良いでしょう。

これからテレビと新聞はもう衰退の一途をたどるしかありません。何しろ必要な時に必要な情報を出すことが出来ないという事は致命的ですらあります。とすれば、企業は自社でオウンドメディアを活用して情報の出し入れを行うという事を考えなければなりません。

これまでテレビや新聞がして来たことを全て自社でするというのが当たり前の時代になるという事を考える必要があるわけです。とうぜん、この情報の出し方、受け取り方次第でこれからの企業は評価がされる事になるので、このオウンドメディアの活用次第で企業業績は大きく変わる事になると考えて良いでしょう。

今後は単に情報発信だけをするというような事ではまず生き残る事は出来ません。これまでのメディアはこの情報発信のみしかしておらず、問い合わせなどの視聴者の声はひたすら無視をするという事をして来たので、ネット社会となってはもう生き残る事は出来なくなっていくわけです。企業もオウンドメディアを活用して視聴者の声を聞かなければ生き残る事は出来ません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *