今はオウンドメディアは企業にとっては必須の時代になったと考えなければなりません。

特に重要なのが情報発信にこれを活用することで、企業は例外なくオウンドメディアからの情報発信が必要となりますから、これからはこの活用次第で業績が大きく変わる事になると考えなければならないでしょう。

これまでは、マスメディアを活用しての情報発信が当たり前でしたから、これに関してなかなかうまく活用できていないという事が多いのが実態と言えるかもしれません。ですが、これからはオウンドメディアを活用できたところが生き残るという事になるでしょうから、まずここに力を入れる所がほとんどになるでしょう。

自社の中にメディアを持つというように考えると分かりやすいかもしれません。これまではこれを広報が担うという事がありましたが、広報とメディアとは明らかに仕事の範囲が異なるので、オウンドメディアを担当する部署が新たに出来るようなイメージを持った方がいいでしょう。

広報はあくまでも会社の宣伝が主体でしたが、オウンドメディアの場合は全ての情報に関わる事になるので、これまでの広報の仕事を含んでさらに沢山の情報管理をしなければなりません。

情報化社会を迎えるのにあたって情報の管理の仕事の重要性がますます高くなっていることは言うまでもないはず。この部署を上手く活用して、情報を制したところがこれからは活躍できる社会となると考えなければならないはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *