マーケティングオートメーション(MA)はマーケティング活動において手間がかかるルーティンワークをオートメーション化し、個別メール配信やアクセス分析などを自動化することです。

煩雑で時間がかかる手動で行っていた作業を自動化し、ある意味プログラミング化することを指します。その対象は見込み客管理という形で行われ、マーケティング部門が行った見込み客を集め、その中でも確度の高い顧客を絞り込み、成約の可能性が高い案件として営業部門に引き渡されることが多いです。一般の顧客ニーズは一人ひとり異なります。

従って受注を最大限にするためには、それぞれの詳細ニーズや状況を把握し、最適なタイミングを見計らい、最適な情報やイベントなどを提供することで見込み客の購入意欲をかきたてることが重要になってきます。このようなルーティンワークを自動化することで、マーケティングオートメーションは効果を最大限発揮します。マーケティングオートメーションのメリットは、担当者が少なくて手が回らなかったことや、メール配信などの決め細やかな作業が自動的に行えることが挙げられます。

今まで営業担当者のセールス活動が中心で、マーケティングの取り組みが少なかった会社にとっては目標や売買スケジュールを立てることが難しいかもしれません。しかしマーケティングオートメーションで成果を上げるためには、見込み客がどのようなニーズでどのような過程を経て購入に至るかという顧客の心理の理解や、自分の会社の商品価値をどのような顧客に提供するかという、人が考える顧客戦略が最も重要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *