ネットショッピングをするユーザーの中には、Webサービスよりもアプリを利用するケースが増えています。

大手Webサービス会社が調査したところアプリの方がWebよりも多いと回答した人は、全体の4割以上に及んでいます。Webの方が多いと回答した人の割合は3割なので、アプリのネットショッピングの方が1割も多いことが分かります。この調査からも分かるように、ECにおけるアプリ化は時代の流れであることが分かります。スマートフォンユーザーの増加に伴って、この流れはさらに大きくなると考えられます。

この流れをうけて現在は様々なアパレルアイテムが開発されており、実店舗があれば実店舗検索機能を備えることが出来ます。大手のアパレルサイトのアプリには、共通した機能を備えていることが分かります。お気に入り登録機能は、商品を効率的に検索できるものです。気に入った商品があれば、直ぐに登録することが出来るわけです。実店舗があれば店舗を簡単に検索できるので、実店舗での購入にもつなげられます。

その他にも購入した商品のサイズを比較できる機能をはじめ、アパレルスタッフが実際に着用した際のコメントなども参照することが可能です。通常の機能の中にはランキングやおすすめ投稿、メイキング映像が見られるものもあります。さらにショップスタッフがおすすめの、着こなしアイテムやお洒落なアイテムの紹介もあります。加えて特別なプロモーション情報なども掲載されているわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *