スマートフォンにインストールされるアプリを利用して集客につなげる方法があります。

それがプッシュ通知と呼ばれる機能の活用です。スマートフォンを使っていると突然画面上にメッセージが表示されて、キャンペーンや新着情報などがあることに気がつかされます。他の操作をしていても強制的に表示されるので、かなりの確率で気が付いてもらうことができます。アプリを入れている自体で情報を必要としている可能性があり、潜在顧客であることがわかります。

そこで目を引くような情報があれば実店舗への来店や通販の購入につなげることが期待できます。簡単に言えばプッシュ通知は直接届ける広告のようなものです。アプリのプッシュ通知は、上手く使えば効率の良い広告として機能しますが、一歩間違えると印象を悪くする恐れがあります。表示させるときに最も注意が必要なのが頻度とタイミングです。こちらの都合だけで頻繁に表示させると、不要なものとして表示をしないような設定にされてしまいます。

また、見てもらえないような時間帯やあまりに差し迫った時間に表示するのも印象が悪くなる要因です。毎日発信するようであれば朝など情報を受け入れやすい時間帯に、不定期に発信する場合には、対象となる顧客が余裕のある時間帯を選ぶべきです。例えば休日前のお昼に通知すれば、時間の調整ができるので誰かを誘って一緒に来店してくれるかもしれません。給料日前に発信するのも効果が高い方法と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です